容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

朝日新聞って、ホント痛い

  1. 2008/10/30(木) 12:24:54|
  2. 新聞ネタ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:536
高校入試、茶髪・眉そりチェックし不合格 神奈川の県立(朝日新聞)

平塚の神田高校で、外見や態度を見て合否判断をしていたというネタ。
↓「不正」と括った朝日の記事に対して、産経が答えたコラム。

【産経抄】10月30日(産経新聞)

結果は、言うまでもなく産経のほうが正しい。

神奈川県の教育委員会には、電話やメールで100件以上の
意見が寄せられ、大半が「外見で判断するのが何が悪い」などと
学校側を擁護する意見なのだと。

朝日新聞は、ズレてるね。感覚が麻痺してんだよね。
少なくとも普通の市民感覚というのを持ち合わせた人が
記者になるべきだ。
ま、朝日新聞の社員年収を考えると、それは無理なのかも。

一般市民の、弱者の立場に立った、代弁者のような立ち位置の
つもりなのかも知れんが、物事の本質が見抜けていない、
一般社会の感覚を持ち合わせていないようでは、裸の王様だよ。

がんばろうね。朝日新聞さん。

あ、それから神奈川県の教育委員会よ。
校長を更迭してはいかんでしょ。
何が正しくて、何が正しくないのか?
腫物は切ればいいという発想はよくない。
今回の校長の判断は、一般常識の範囲と感覚から全く乖離してない
わけだから。

てか、普通に、入試本番の当日に服装ぐらい整えられんのかね?
頭悪いのう。。。ゆとり世代は。。。

イチローが言うことは絶対!という危うさ。

  1. 2008/10/24(金) 10:41:00|
  2. 新聞ネタ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
ノムさん仰天案「WBC監督はイチロー」 (サンスポ)

その通り。野村監督良い事言うね〜。

「“だったらイチロー、お前がやれ”。
 混乱する現状と選手が公然と監督選考に意見することへの、
 野村監督流の強烈な皮肉
ともいえるイチロー監督案だった。」

前回の記事でイチローの横言について述べたが、
そもそもイチローは組織(あるいは組織プレー)というものへの
理解が乏しいのであろう。

それは致し方ない部分もある。前人未到の偉業を達成し、
今も、その最前線をひたすらに突っ走てるわけだから。
まわり全員が媚へつらう状況。
孤高のプレイヤーなのだ。

(マスコミが扇動している部分が多分にあると思うが)
日本人は、イチローが発言すれば、
「あのイチローが言うんだから、その通り」
みたいな思考停止状態に陥る。


イチローは、
「WBCを北京オリンピックの延長戦で考えてはいけない」
旨、発言をしているが、
今の日本の星野を巡る状況というのは
「北京で惨敗した星野にやらせるな」
という空気だ。
そこに流れている国民感情というのは、
やっぱり北京オリンピックが根底にあって
その感情の反動から、「星野は嫌だ!」となっているのだ。


イチロー自身と国民の、そこの感覚のズレを

イチローもマスコミも理解していない。


果たして、イチローは、
「北京オリンピックは、北京オリンピック
 WBCは、WBC
 割り切って考えていただければ星野さんでもいいですよ。」
と言えるのか?

言えないだろう。
おそらく、この感覚のズレを認識し、
深遠な思考を重ねて出した発言とは到底思えないからだ。

だから、今回の野村発言は賞賛に値する。
あの王監督ですら、イチロー発言に流されてしまう
一億総思考停止の状況の中で、
WBCにおける組織のあるべき姿とか
この状況を俯瞰視できているのは
実は野村監督ぐらいなものなのかもしれん。

別にイチローは良い。
万が一、プレイングマネージャーだとしても、
優勝を逃したとしても、
ほとぼりが冷めるまでアメリカにいればいいのだから。
その他の人間が監督をやり、
優勝を逃したら
強烈なバッシングを受けるために
日本に帰ってこなければいけない。
誰が、そんな火中の栗を拾うのか?

重ね重ね星野で良かったのに・・・と思う。


ならば参加しなければ良い

  1. 2008/10/20(月) 09:55:55|
  2. 新聞ネタ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
WBC監督問題にイチロー苦言 星野氏白紙も(スポニチ)

イチローが
「最強のチームをつくるという一方で、現役監督から選ぶというのは難しいでは、本気で最強チームをつくろうとしているとは思えない」
と言っているらしい。

コミッショナーはこんな発言に揺らいではいけない。

そして、イチローは、参加しなければ良い。


イチローはさらに、
「大切なのは足並みをそろえること。(惨敗の)北京の流れから(WBCを)リベンジの場ととらえている空気があるとしたら、チームが足並みをそろえることなど不可能」
と言っているらしいが、

北京オリンピックを参加した選手は、そのくやしさを
忘れることなんてできない。
リベンジをしようと思うのは当然だ。それが勝負師だ。
そんな感情が簡単に捨てられるようであればプロではない。

北京オリンピックに参加しなかった人間が言うな。

大切なのは足並みをそろえること。


ともっともなことを言っているように聞こえるが、

現場から、あの監督ではダメだという発言をすること自体が
そもそも足並みを乱す行為だということに気づいていない。


サッカー北京オリンピックで
本田圭が行った愚行について、述べたが
イチローのこの発言もそれに近い臭いを感じざるを得ない。


以前、誰だったか
サッカーの日本代表選手が
トルシエのときは、みんながトルシエを見返そうと反骨精神でがんばった。
ジーコの時は、みんながジーコを尊敬して慕っていたから、、、、
そういう意味では、チーム自体はトルシエジャパンの時のほうが
強かったと思う

と発言していたのを聞いたことがあるが、
そもそもこういう思考論理だから、日本サッカーは強く
なれないんだと思った。
そして、サッカーがチャラいスポーツに思えてきた。

組織で戦うスポーツとしては、サッカーも野球も同じである。
今回のイチローの発言は非常にチャラい。
組織論をわかっていない。

日本とシアトルの温度差を感じざるを得ない。






感情的になると盲目になるよという話

  1. 2008/10/16(木) 18:51:21|
  2. 新聞ネタ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
園児のイモ「なぜ抜く」 第2京阪用地、大阪府が代執行(朝日新聞)

記事をパッと読むと
「なんと非常な」「園児がかわいそう」「橋下〜ゴルァ!」
となるんだけど・・・、

子供たちを悲しませないために、今日までに大人たちが
話し合いで解決すればよかっただけの話ではないか?

「2週間遅らせると、通行料で6億〜7億円の損が出てくる」
「イモがちゃんと育つにはあと2週間はかかる」

比較にもならないこのかけ離れた言い分。

理事の松本氏は単身パキスタンでアフガン難民支援を行った
ことがあるらしい。

ここで訴えてることと、今回の事をリンクさせれば
どうも御上や社会に対して何かを訴えたいために
行動を起こす人物のようだ。
もちろん、目的は間違っていない。
高い志がある人なのだろう。

だが、今回の件で言えば、手段を間違えた。
パフォーマンスに走った。
子供たちをダシに使って、社会にアピールした。

繰り返すが
子供たちを悲しませないために、今日までに大人たちが
話し合いで解決すればよかっただけの話ではないか?

最大の犠牲者は子供であることは、間違いないが
それを府や知事だけに押し付ける論調には大いに疑問を感じるな。


DTIブログって?